恋活アプリwithで2回目デートにつなげる方法

こんにちは。カウパー男爵です。

 

恋活アプリwithにおいて、2回目のデートについて説明します。

 

恋活アプリの2回目デートは、初回にデートするよりもはるかに難しいです。

 

それは初回のデートはまずは会ってみようかな、という面接のような意味合いも大きいからです。

 

徹底的にwithのプロフィールを作りこみ、魅力を演出しているあなたなら女性も会ってみようかなと 思ってくれるでしょう。

 

それに対して2回目のデートは女性があなたに好感触を持ってくれないと続ける事が出来ないからです。

 

以前、with等の恋活アプリの出会いの良さは気軽に色んな人と会える点と申し上げましたが、女性も色んな男性と会える訳です。

 

好感度が高くない場合は2回目のデートでどんな人なのか改めて確認しようとは思わず、他のwithの男性会員と会ってみようと思ってしまうのです。

 

 

その上でwithで会った女性と2回目のデートに行く方法、及び初回のデート後が終わってから、2回目のデートに行くまでの間に注意する点について説明していきます。

 

・2回目デートの誘い方

 

誘うタイミング

基本は会っている時に2回目のデートに誘う事をお勧めします。それは デート後にLINEで誘うと断られやすいからです。

 

LINEのやり取りは 面と向かってないので断りやすいですし、既読無視によって「行きたくない」という意思を表す事も出来ます。

 

では具体的にどのような流れで誘うべきかについて説明いたします。

 

餌を蒔く要領

2回目デートに繋げる基本戦略は相手が食いつきそうなデートスポットやお店の話題を振り、 相手の反応を見て誘うというものです。

 

会っている時に誘うのがいいとは言いましたが、不自然な流れで唐突に誘うのはもっとお勧め出来ません。

 

不自然な流れで誘うとがっついている人、というモテない男の烙印を押されかねないからです。

 

デートスポットの話題をした時の女性の反応が

 

「美味しそう!」「楽しそう!」「行きたい!」

 

といったものでしたら相手も興味を示していますので誘っても不自然にはなりません。

 

スマートな誘い方

但し誘い方ですが下手に回るような誘い方、例えば

 

「今度行ってくれませんか?」「良かったら一緒に行きませんか?」という誘い方はお勧めできません。

 

弱気な誘い方は女性の顔色を伺っているという点で、男らしくないモテない男になってしまうからです。

 

「じゃあ今度行ってみる?」とか、「俺行こうと思ってたんだけどどうする?」とか「じゃあ決定なー笑」

 

ぐらいの誘い方にした方が女性ウケがいいです。

 

追いかけられるのが好きな女性もいますが、少し相手に追わせる感じを出した方が
モテる男を演出できるのです。

 

デート後は好感度の確認をする。

勿論反省点があれば次回デート、もしくは別の女性と会う時に気を付けて欲しいのですが、
最初のデートの事は忘れて下さい。

 

過ぎた事はもう思い返しても始まりません。

 

試験と同じように人事を尽くして天命を待つぐらいの精神です。その上でまず行って欲しいのは「2回目デートに来てくれそうなのかどうか」という、相手の好感度の確認です。

 

一人の女性に拘りすぎない

先ほども申し上げましたが、 withといった恋活アプリでは他の男性会員がライバルであり、好印象を抱かせられないと 他の男に行こうと思う女性が多いのです。

 

いいなと思った相手を一途に追いかけたくなるのでしょうが、自分への好感度の低い女性に拘って何とか2回目に何とかこぎつけようとするよりは 他の女性との出会いにチャンスを託した方が遥かに効率的なのです。

 

可能性の低い女性に2回目デートの望みをかけてあの手この手を尽くそうとするのはお勧めできないのです。

 

他のチャンスを逃す可能性が御座いますし、 追いかける分重くなってしまう可能性が高いのです。

 

モテない男性は重くなりがちです。そして失敗した事を引きずり、他の女性と会う事に躊躇いを持ってしまい、モテない日々が続いてしまうのです。

 

4年間片思いを引きずり20代半ばを不意にした私が言うから間違いありません笑。

 

優先順位をつけてデートをする為にも好感度の確認は重要です。

 

もう一つ好感度の確認を優先するのが重要な理由が御座います。

それは「2回目デートがドタキャンされる可能性があるかどうか」を確認する為です。

 

ドタキャンの可能性を確認する

女性は驚くほどにドタキャンをする生き物です。

 

それは女性は「いい人と思われたい」「悪者になりたくない」という心理が働きやすいからです。

 

恋活アプリという人間関係が希薄な出会いの場でも女性はこのような意識が働くのです。

 

例え初回のデート中に2回目のデートで会う場所、日時を決められたとしても、

 

それは面と向かって断る事が出来なかっただけ という事が多々あるからです。

 

好感度が低いのに2回目のデートの予定が決まった女性は行きたくないけれど、直接的に行きたくないと言えない為、

 

直前になって「風邪を引いた」「仕事が忙しくなった」等と言ってデートのキャンセルを申し入れるのです。

 

2回目のデート取り次げて喜んでいたのに、直前になってドタキャンされる。

 

これは相当凹みますし、他に入れる事が出来た予定も入れられなくなってしまいます。
あなたがモテる為の道が阻まれてしまいます。

 

そんな時好感度の確認が出来ていれば事前に2回目デートがドタキャンされる可能性があるかもと判断する事が出来るのです。

 

心の準備が出来ていればそこまで凹む事もないですし、2回目デートがドタキャンされる可能性が高そうであれば他の予定を入れてしまう事が出来るのです。

 

時間は有限です。会えるかわからない女に時間を確保するよりは空いた時間を有効に活用して自分磨きや、他の女性とのデートをした方がよほどモテる男になれると思いませんか?

 

1回終わったデートの事は忘れて欲しいと申し上げたのはこれが理由です。

 

好感度の確認方法

 

1:デートが終わってから、最低でも24時間は自分から「今日はありがとうメール」を送らない

 

この概念は非常に重要ですのでもう一度言います。

 

デートが終わった後に、自分から「今日はありがとう」メールは絶対に送らないで下さい。

 

これはモテない人に限らず、世の中の殆どの男性がやってしまいがちな事なのです。
自分から連絡するのが当たり前と思うのは当然のことだと思います。

 

いい人と思われたいという心理に限らず、デートが楽しめたら送りたくなるのも分かります。

 

しかし好感度の確認という意味では「相手がまた自分に会いたいと思っているかどうか?」
という観点を持たないといけないのです。

 

モテない人は自分が好きな女性を追っかける事よりも自分の事を好きになってくれそうな女性
と付き合う事によって恋愛スキルを上げる事を優先して下さい。

 

モテる男、彼女が途切れない男はまずは付き合う事を優先してから相手のいい所を見つけるという タイプも多いです。

 

また、「なんでこの人は送って来ないんだろう?」と会っている女性に思わせる事で他のwith男性会員と差別化する事も出来ます。

 

あくまでこれは基本のルールです。自分から送る必要があるケースに関しては後述します。

2:自分から送るメッセージで2回目のデートが確実なのかどうかを見極める

 

デートが終わり、女性から返ってきました。しかしまだ喜ぶのは早いです。そのメッセージが社交辞令である可能性もまだ残っているからです。

 

女性が「いい人に思われたい」、「会った相手にお礼を返すのは礼儀だと思っている」
といった理由で返してきているに過ぎない可能性が残っているのです。

 

その為にも自分から送るメッセージによって、2回目のデートがあるかどうかを確かめて欲しいのです。

 

具体的な送る内容としては

 

1:デートに対するお礼(礼儀として送りましょう)

2:デートの話題の中で挙がった、相手が食いついて来そうな話題を振る

3:2回目デートについて

 

こういった内容です。

 

これらによって相手から再度返信が来た場合は次のアポイントまで 無難なやり取りをしましょう。この場合ドタキャンされる確率はかなり低いです。

 

くれぐれもLINEで面白い事を送ろうとかは考えるのは危険です。

 

モテない男はLINEで何とかしようと考えがちですが、LINEのみで好感度を上げるのは高等テクニックですので

失敗する可能性の方が高いのです。

 

また、3の「2回目デートについて」ですが、状況によって送り方が変わってきます。

 

会っている時に2回目デートの日時、場所も確定している場合

 

「○○も宜しくな!」みたいなメッセージを送って、返信が来るかどうかで
2回目デートがドタキャンされやすいかどうか判断出来ます。

 

・デートだけ決まっていて、詳細が決まっていない場合

 

やり取りしながら詳細を詰めていって下さい。

 

2回目デートの詳細が決まっていない、デートの予定が決まっていない場合

時間ある時にまた飲みにいけたらいいね、話に挙がった○○、いってみたいねといったメッセージを送り、

 

相手の反応が良かった時に2回目デートの詳細を詰めていきましょう。

 

2の「相手が食いつきそうな話題」ですが、これは難しいですが、相手が返信送りやすそうな文章をしっかり考えて欲しいのです。

 

というのも2回目デートについてのみだけ送ると話題がなくなってやり取りが途絶える可能性があるのです。

 

このような時は余計なメッセージ、例えば

 

「モテない男性がよくやる日記のようなメッセージ」

 

を送ると

 

好感度は下がりやすくなる為、会う日直前に「明日は宜しく」と送るまで何もしない方がいいのですが、連絡しない状態が続くため、2回目デートが確実なのか、ドタキャンされるのかが判断しづらくなってしまいもやもやした日々を過ごす事になるからです笑。

デート後に相手からLINEが来ない場合。

 

女性の中には、押されないと恋愛出来ないタイプの女性も存在します。

 

そのような女性からは返信が来ないという可能性もあり、

「返信が来ない」=「自分は気に入っていたのに相手は自分に興味がない」

 

と判断するケースもあります。

 

この為返信が来ないからと言って意固地になって送り続けないと2回目デートが流れてしまいます。

 

あなたにそこまで熱意がないならばそのまま流してしまってもいいですが、もう2回目もデートしてみたいと思うのであれば自分からメッセージを送ってみて下さい。

 

その際は自分が送らない状態で相手からのメッセージ、

 

つまり相手からの「今日は有難う」メッセージに返信する要領でLINEを送って下さい。

 

但し自分から送るにしてもすぐに送ってしまうとがっついている男、 その他with男性会員と同じになってしまうので、最低でも24時間、 長くて3日間程度は送るのを我慢する事をお勧めします。

 

with等恋活アプリの2回目デートは難しい関門です。

 

女性との会話での失敗点は次回に活かして欲しいですが、出来ない事に対して必要以上に自分がモテない男と卑下する必要は御座いません。

 

2回目デートに繋げ、成功する確立を高める為には色んな女性と出会う事が大事です。

 

効率的に色んな女性と会える様、相手の好感度を見極めていってください。

 

おさらい

 

・withでの2回目デートは会った時に誘うのがベター。

・恋活アプリのデートは2回目は上手くいかないケースが多い事を知っておく。

・デート後に自分の好感度がどのぐらいかを確認し、2回目デートがドタキャン可能性を確認した上で有効にスケジュール管理する事も肝心。

 

 

 

 

素人童貞を拗らせ、人生に絶望していた男の逆転劇!

辛い恋愛、強烈な劣等感から卒業し、
幸せな恋愛ライフを送る方法を無料でこっそりお伝えします。


  28歳まで素人童貞で、自己嫌悪と絶望感に包まれていたカウパー男爵。

今では恋愛活動を通して

・自分に自信を持ってやりたいように生きられる生活

・理想の女性と楽しく恋愛できる生活

・積極的にコミュニケーションをとって楽しい仲間と自由に生きる生活

を送れるようになりました。

28歳まで素人童貞で、不遇な日々を送った私でも、恋愛の勉強を通してここまで来ることが出来ました。

あなたに出来ないことは決してありません。

そこで、今までのカウパー男爵がどのようにして今の自分を作ったのか?を7日間のメルマガ講座として配信します。

1日目・出会いを増やす方法
2日目・必勝メール術
3日目・恋愛で一番大事な事
4日目・話す技術
5日目・聴く技術
6日目・男として見て貰う為のトーク術
7日目・クロージング術

「このままじゃ男として終われない!」

「一人きりの人生は嫌だ!」

  そう思うあなたに無料で「幸せになる為の恋愛メルマガ講座」を配信中です!

今無料メルマガに登録して頂いた方は

・理想の出会いを作る為の恋活アプリ作成ノウハウ(PDF55ページ)

・2時間で恋活アプリの人気会員になる方法(動画18:22にて説明)

・メールコミュニケーション力養成ノウハウ(動画21:55にて説明)

・ホテルクロージング術(動画20:42にて説明)

を特典としてプレゼントしています。(期間限定です)

通常人気会員で100いいね。

こんな状況も夢ではありません↓↓

(ピーク時は550いいねです。)



「女性との恋愛を楽しみたい」

「男としての自信を持ちたい」

「楽しく、幸せな人生を送りたい」

そんな方との出会いを楽しみにしています!

*メールアドレス
お名前(姓・名)