マッチングアプリwithの「好みベスト」の有効な使い方

こんにちは。カウパー男爵です。

 

恋活アプリwithに新機能「好みベスト」が出来ました。

 

以前ペアーズのコミュニティの記事において、withの好みの使い方をお話しさせて頂きましたが、その際は自己紹介文における趣味の項目を書くのと同様の要領で書くことをお勧めします。

 

 

 

好みの場所がかなりプロフィールの下の欄に書かれている為に、見て貰いにくい

 

という理由でペアーズのコミュニティ程の効果はないとお話しさせて頂きました。

 

それに対して新機能である好みベストは比較的自分をアピールしやすい部分かと思いますので今回は具体的な使い方の説明をさせて頂きます。

好みベストの使い方ガイダンス

 

スマホアプリでの左上の画面を押し以下の画像の状態になったら、

「マイプロフィールを編集」を押してください。

 

withであなたのプロフィールを編集する画面です。その画面を下にスクロールしていくと

以下のような画面が出てきます。現在は何も入れていない状態ですが、ここの「+」になっている部分を押してください。

 

 

そうすると、あなたが登録している好みが出てきます。

 

 

ここで好みをクリックするとコメントを最大60文字入れられる画面が出てきますので

記入して下さい。

 

 

好みベストの理想的な使い方

ここでwithにおけるプロフィールとはどうあるべきかについて説明させて頂きますと、

「自分を魅力的に見せる為のエントリーシート」

となります。

 

そう考えますと、

 

いかに自分を魅力的に演出するか?を意識して好みベストに文章を記入するべきですが、

 

自己紹介文で書ききれなかった趣味の部分を代わりに好みベストに書くというのが理想の使い方になります。

 

withの自己紹介文の文字制限は400文字と、ペアーズ、OMIAIと比べるとかなり少ないので、書ききれなかったあなたの魅力を伝えるイメージで書いて下さい。

 

それではここで具体的に、自己紹介文、好みベストにおける、「趣味」の項目には書くべきことについて説明させて頂きます。

 

趣味を書く目的は大きく分けて2つです。

 

1:女性に付き合った場合のデートをイメージさせる

2:自分の好きな趣味を書くことでどんな人なのかを伝える

 

それぞれ説明します。

 

 

女性に付き合った場合のデートをイメージさせる

ここでは、女性にもウケが良さそうな趣味を書くのがお勧めです。

 

例:料理、旅行、グルメ

 

これらは女性に「実際に付き合ってどんなデートをする人なのか」

をイメージさせやすくなることが出来ますし、

 

「女性が楽しめるデートを提案できるというメリット」

を提供できていることになるからです。

 

書くときは具体的なワードを入れることであなたの趣味に信ぴょう性を持たせられるようにしましょう。

 

例えば、

「旅行が好きです」

と書いても女性は本当に旅行が好きなのか疑う人もいるでしょうし、

「実際に旅行をしているあなた」をイメージさせにくいからです。

 

それよりは

「学生時代勉強した英語を活かして、社会人になってから20か国以上は旅しました。」

「学生時代にバックパック旅行にはまった影響で、隙あらば長期休暇をとっています。

この夏は中央アジアを横断しました!」

 

 

などと具体的に書く事を意識して下さい。

 

 

2:自分の好きな趣味を書くことでどんな人なのかを伝える

 

①の「どんなデートをするのか想像させる」も重要ですが、

実はこの項目の方が重要です。

 

女性は「趣味が同じで好きになる」ではなく

 

「趣味が切っ掛けで仲良くなり」「あなたの魅力に気付いて好きになる」のです。

 

男「趣味はグルメです」

 

女「私もグルメ好き!素敵!抱いて!」

 

みたいなことにはなりませんよね笑。

 

そして、付き合っているカップルが互いに趣味を共有しているとは限らず、

 

「女性が好きな男性に影響されて、相手の趣味にはまる」

 

というのもよくあるケースなのです。

 

自分が輝いている、魅力的に見せられる趣味を書いて相手にどんな人なのか(リードしてくれそう、包容力がありそう、華がありそう)

などをイメージさせられるのがベストなのです。

 

勿論だからと言って、

女性ウケが悪い趣味、「エロゲー、パソコン、アニメ、アイドル、ギャンブル」等はNGです。

 

これらの事を意識して趣味の項目を書くようにして下さい。

 

好みベストに入れるべき好みとは?

 

前提

 

前提としては、自己紹介文の方が好みベストよりも重要度が高いです。

 

それは自己紹介文の方がプロフィールでも上の部分にありますので、読まれやすく、逆に言えば写真、自己紹介文で魅力的に見せることが出来なければ、好みベストは読まれない可能性もあるからです。

 

あなたが趣味で書けることをいくつか考えた上で以下の

1:女性に付き合った場合のデートをイメージさせる

2:自分の好きな趣味を書くことでどんな人なのかを伝える

 

を書きやすいネタから、まずは優先的に自己紹介文を選び、余ったものを好みベストに書いていきましょう。

 

 

入れるべきお勧め

それでは具体的に何を好みベストに使うべきですが、以下を意識しましょう。

 

1:女子受けしそうなもの

 

2:自分の魅力がアピール出来るもの

 

3:女性と話が弾みそうなもの

 

注意点は3:話が弾みそうかです。

 

女子受けしそうなもの、自分の魅力がアピール出来るものを書いたとしても、

 

その話題であなたがある程度会話出来ないのは若干のリスクがあります。

 

例えば女性がマッチングした時に好みベストの話題(旅行)を振ったとしても、あなたが詳しくないならば会話は盛り上がりませんよね。

 

女性「旅行お好きなんですね!最近はどこに行きましたか?」

 

あなた「実は忙しくてここ数年行けてないんです。。。」

 

こうなったら女性は「何で好みベストに入れたんだろう?」と思ってしまいます。

 

上手くバランスを考えて一番いいものを入れてみてください。

 

まとめ

 

withの好みベストは自己紹介文の補完として使うのがお勧め

 

自己紹介文に書ききれなかった趣味のネタを好みベストに入れる

 

どの項目を入れるかは「あなたの魅力をアピール出来るもの>女性ウケするもの」

である事は注意

 

それでは引き続き頑張りましょう!