不慣れな方が陥る合コンの自己紹介の失敗パターン3つと2つの改善策

こんにちはカウパー男爵です。

 

合コンの自己紹介について説明します。

 

合コンの自己紹介と言ったら

 

「何か面白い事を言わないといけないのか?」「自己紹介で場を盛り上げないといけないのか?」等と考えがちなのですが、大それたことは考える必要はありません。

 

 

結論から申し上げますと、合コンの自己紹介は余計な事をせず、手短に終わらせるのが肝心です。

 

合コンにおける面白い事、魅力的な自己紹介は元から才能やセンスのあるモテる方々が出来る事であって、慣れていない、普通の人が色々としても、ただ滑ってしまい、残念なモテない人になってしまう可能性が非常に高いのです。

 

 

合コンの最初の段階では、リスクが高すぎます。

忘れがちな前提

 

私たちが合コンの相手を選べないのと同様に、相手方も我々を選べないのです。

 

カッコいい人、高収入であることが見込める肩書の職業の方など、言わばモテる人達の自己紹介であれば女性としても聞く気になるのでしょうが、

 

モテない人(不細工な人)とまでは言わないものの、普通、もしくは興味なしレベルの人達の自己紹介をそんなに一生懸命聞こうとする女性はそこまでは多くないのです。

 

つまり自己紹介をしっかり聞いてもらえる可能性が高いのは

 

イケメンやブランド力のある職業の方など話さなくても好感度の高い人たちのみと考えるべきなのです。

 

そこが分かっているからこそ、センスがある人じゃないと難しい面白い話をしようと考えてしまうのかもしれませんし、変に盛り上げようと気張ってしまうのかもしれません。

 

勿論モテない人とモテる人との戦略は異なりますが、一発逆転の技術を考えるよりもまずは失敗しないようにする事を徹底してください。

 

その事を踏まえた上で、合コンの自己紹介でやりがちな失敗例について説明します。

やりがちな自己紹介

長い

一生懸命真面目に自分の事を伝えようとして、たくさん自分の事を話そうとするタイプの人も

いらっしゃるかもしれませんが、逆効果になるケースが多いです。

合コンの本番は自己紹介ではなく、自己紹介後の会話ですので、ここに時間を取ってしまうと非常に勿体ないのです。

 

人の話を聞くのが好きな女性も勿論いますが、相手のメンバーの中で話すのが好きなタイプがいたら、「何をダラダラ話しているんだろう。。」と空気の読めない、モテない人認定をされる可能性が高いです。

 

更に言ってしまえば最初の段階でたくさん情報を伝えようとしたとしても、最終的に女性が覚えていない可能性も高いのです。

 

合コンの自己紹介はこれだけは覚えていてほしい、もしくは手短に「あなたがどんなに魅力ある人なのか」を伝えられる項目(趣味がお洒落、女性受けのいい趣味)をさらっと言うだけで結構です。自己紹介後の会話で話す中であなたの情報を伝えていきましょう。

滑る

周囲から面白い人と言われており、滑らない話を持っていらっしゃる方は自己紹介にて「ここで一つかましてやるか!」と思ってしまうかもしれません。

 

実際に面白い話が出来ることは素晴らしいとは思いますし、面白い人が好きと公言している女の子もいらっしゃいます。

 

しかし合コンの最初の自己紹介でそのようなギャグ等を入れるのはリスクがあるのです。面白いと感じるツボは人それぞれだからです。(お笑いが好きな人でも好きな芸人はバラバラだったりしますよね?)

 

合コンの女性陣、例えばA子は面白いと思ったとしても、B子は寒い人だな。。と感じるリスクがございます。

 

さらに言えば、そのような冗談自体が通じないタイプの女性も合コンにいる可能性があります。

 

冗談や、ボケ等は空気が暖まっていないとなかなか笑ってくれない場合も多いですし、

 

相手がどのようなタイプか分からない状態で面白い事を言うと滑る恐れもあるので危険な行為なのです。

自己紹介は無難にすませ、その後で笑いを狙っても十分間に合いますが、最初に滑っている人と捉えられてから挽回するのはかなりの労力が必要になってしまいます。

 

他の人の自己紹介に口を挟む

合コンの自己紹介において、一番恐ろしいと言っても過言ではないのが、この他の人の自己紹介に口を挟むという行為です。

 

本人としては周囲全体を盛り上げてあげよう、みんなで会話を楽しもうと言う意識で自己紹介にコメントを入れているのでしょうが、

 

自己紹介がまだ終わっていない状況でのこの会話は、周囲の気持ちにばらつきが生じてしまうのです。

 

「私、まだ自己紹介終わってないんだけど。。」と思う女性もいれば、

 

「全員自己紹介終わってないけど、話の方向どうすればいいのかな。。?」と幹事も戸惑ってしまい、会話全体の方向性が見えず、盛り上げるべきなのかが分からず、中途半端な空気感で時間だけ無駄に過ぎてしまう可能性があるのです。

 

また一人の自己紹介に対してのコメントは、その人一人の話題になってしまう為、話をみんなで楽しめる可能性も少なくなってしまうのです。

 

全員が楽しむ空気を共有できない微妙な時間が長引けばそれだけ、合コン自体に対してうんざり感が出てしまう恐れすらあるのです。

自己紹介で言うべき条項

上記の内容を踏まえて何を言うべきかかですが、

 

名前、仕事、趣味、住んでいるところ

 

これぐらいで十分です。先ほども申し上げましたが、少しだけ気を引かせるような事を言っても問題ないのですが、あくまでその場で話を掘り下げさせるために行うのではなく、相手に自分のよさを伝える事で価値のある男と思わせ、詳しく話を聞いてみたいと感じさせるのが目的です。

あくまでも、長すぎないようにするのが最優先です。

 

「ここで一生懸命アピールするぞ!」と思って長く話しても、合コンの出会いの場ではどの女性に響くか分からないのです。

 

興味のない人の自己紹介は、校長先生のありがた迷惑な長いスピーチと同じです笑。

 

また、女性があなたの自己紹介に食いついてきたとしても、喜んで長く話し込まないようにして下さい。

 

合コンの会話は集団での会話の場です。最終的には一対一で話す方向に誘導しないといけないのですが、その状態に持ち込む為には合コン序盤で、メンバー全員で楽しい時間を共有出来るように勤めないといけないのです。

 

例えば自己紹介であなたが「趣味は料理です」と言って、合コンメンバーの女性の1人、A子が「えー、男性で料理って凄いですね、何が得意料理何ですか?」と聞いてきたとしましょう。

 

このコメントに気を良くしてあなたがA子に回答を長くしてしまったり、A子と会話のキャッチボールが続いたとしましょう。

 

あなたとA子は楽しいかもしれませんが、他の女性陣、B子、C子があなたに現時点では興味を持っていないとしたら「早く終わんないかなー」と悪印象を持ってしまい、空気の読めないモテない人認定される恐れがあるのです。

 

女性メンバー全員があなたに興味を持っていたとしても同じです。男性の合コンメンバーも「早く終わんないかなー」と思ってしまったり、自分勝手に行動する人と思われてしまったら、合コンに呼ばれる回数も減ってしまうかもしれないのです。

 

女性の気を悪くしないよう気を使いながら「後で話すよ、みんなの自己紹介終わってないし」みたいな事を言って早々に自己紹介を切り上げる意識を持ってください。

 

男性から始める

よくある流れは幹事が最初に自己紹介をしてそこから時計周り、もしくは反時計回りに自己紹介を合コンメンバーがしていくというものですが、

 

男性メンバー全員で自己紹介をしてから、女性メンバーに自己紹介させる流れにしてください。

 

 

男性メンバーで自己紹介の流れを決めて全員で行えば、女性もなんとなくそれに従わざるをえなくなりがちだからです。合コンの女性陣にしかるべき自己紹介するべく誘導するためにも必要なのです。

 

例え男メンバーで失敗しない自己紹介を意識したところで、女性がそれをしない理由はないのです。男性が必要な条項だけあっさりと言っても女性はそれに従ってくれるかは不明なのです。ですので男→女→男の流れで自己紹介の合コンをしてしまうと

 

簡単な自己紹介(男)→やりがちな自己紹介(女)→簡単な自己紹介(男)→…

と言う流れになってしまい自己紹介を簡潔終わらせることが出来なくなってしまうのです。

 

このような事態を避ける手段として、男側で正しい自己紹介、つまり「手短な自己紹介」を見せる事で、女性陣に

 

「このぐらい手短に自己紹介を済ませる流れなんだなー」と思わせて下さい。

 

女性が口を挟んできた場合は、先ほど申し上げたように「簡単に流す」、「後で話すよとだけ伝える」等して個人個人の自己紹介をすぐに終わらせて、次のメンバーにつなぐ意識をもってください。

 

女性の自己紹介が長すぎる場合もあります。たまに合コンで出没する自己主張の強い、空気の読めないタイプの女性です。

 

この場合は終わらせるように促した方がいいのですが

 

・女性の機嫌を損ねて空気が悪くならないようやんわりと促す

・言っても大丈夫そうな人が言う(男メンバーの中でも一番モテそうな人、もしくはズバズバ物事を言ってしまうキャラの人)

 

この2点を気を付けてください。

 

後日お話ししますが、合コンにおいて、物事をはっきり言ってしまう、「攻めるキャラ」はかなり重宝されますので周囲にそのような方がいないか、合コンに誘えないかは常日頃意識することをお勧めします。

 

あくまで合コンにおける自己紹介は次の全体での会話に繋げる為に必要な形式的なものにすぎません。会話を楽しく盛り上げる意識は持ってないといけないのですが、自己紹介で行う必要はないので、手短に終わらせていきましょう。

おさらい

・自己紹介をしっかりと聞いてくれる場合とはあなたに女性が魅力を感じてくれている時のみと思った方がいい

・余計な事を自己紹介で言おうとすると、その場がしらける為、さっと終わらせて会話に移るべき

・まずは男性側で手短に自己紹介を終わらせることで女性にも手短に自己紹介するよう促す

 

それでは引き続き頑張りましょう!