合コンでのお勧め人数とその理由について

こんにちは。カウパー男爵です。

 

合コンにおける、理想の人数について説明します。

 

結論から言いますと、

 

合コンでのベストの人数は3対3、その次お勧めの人数は4対4です。

 

この人数構成にはしっかりと理由があり、それは合コンにおける戦略と大きな関係があるのです。順に説明していきます。

 

合コンの戦略1:男側の仲のよさをしっかりと伝える

 

前回合コンで一番大事なのは男メンバー集めとお伝えさせて頂きましたが、それは男同士感の一体感、つまり仲の良さが合コンの女性メンバーに対して好印象を与えるというのも理由の一つなのです。

withのプロフィールの作り方にてお話差し上げた通り、女性は男性に対して、「華があること」「人生を楽しそうな雰囲気を醸し出していること」を求めている傾向が非常に強く、「仲のいい友達が多そうな人」に好印象を覚える傾向が強いです。

 

これは逆をイメージした方が分かりやすいかもしれませんが、「休みに友達と遊ぶことなく、家で引きこもっていそう」な男性はいくら「いい人」、「いい人そうではある」と言われてもモテる人間かと言われれば若干疑問ですよね?(実際に引きこもっていたとしても、友達が多そうというイメージさえ伝わるのであれば問題は御座いません。)

 

このように合コンでは男性間の仲のよさが伝わるのがいいのですが、それが出来る人数は実は限られてきます。3対3、4対4ぐらいであれば、男メンバー同士の掛け合いが女性にも伝わりやすいですし、男メンバーでも実際にコミュニケーションは可能でしょうが、多くなればなるほど、男側のメンバーも声をかけたりといった絡みがしにくくなってしまいます。

 

合コンの戦略2:楽しい空気の共有

合コンの戦略1と若干被るのですが、合コンでは仲いい男メンバー同士で楽しい会話が出来る雰囲気を作ってあげる必要があるのです。

 

他の出会いの場にない合コンの特徴は、「複数人数での出会い」という点です。

 

その機会を有効活用し、男同士での面白い掛け合い、誰かが失敗した時にフォローを入れるなど「複数人数だからこそ出来ること」を心がけて下さい。

 

その為には人数は多すぎては会話の場をコントロール出来ないのです。

 

職場、サークル、同窓会の場などでも複数人で集まっても結局みんなで会話できる機会は殆どない事からも想像がつくのではないでしょうか?

 

合コンの戦略3:女性全員とコミュニケーションをする

合コンの席の記事においてもお話ししましたが、合コンでは最終的には女性と一対一の会話を狙うべきなのです。

 

その為には、集団で会話が進んでいる時でも女性メンバー全員に話かけるような状態にある必要があります。

 

合コンの戦略4:全体の場を見渡す

合コンでの一対一の会話の重要性はご理解いただけてきたかと思いますが、実際に一対一の会話に持ち込む際には「どのタイミングで一対一の会話モードにするべきなのか」「誰がどの女性に会話をするべきなのか」「自分はどの女性に会話をするべきなのか」などをそれとなく判断する必要があります。

 

この状況の把握においては合コンの人数は少なければ少ないほどいいのです。

 

間違った人数での合コンだとどうなるか?

他にもいろいろと合コンの戦略は御座いますが、大まかに合コンで取るべき戦略は上記のようなものです。もし例えばこれが適切ではない人数比率の合コンだった場合どうなるかについて説明します。

 

人数が5対5以上の場合

女性もたくさんいるし、いい子を探せるチャンスなのではないか?と思う方もいらっしゃいますが、

 

この場合、合コン全体の場の収集がつかなくなってしまうというリスクを避けられなくなってしまいます。

 

想像できるリスクとしては、

・合コンの自己紹介が長くなりすぎてしまい、場がしらける

合コンの自己紹介は、さらっと終わらせるのが鉄則です。

 

・連絡先交換が手間になってしまい、なんとしてでも避けなければならない、「グループライン」で連絡先交換をする可能性が出てくる

当サイトで紹介している連絡先の交換方法は大人数では難しいです。

 

・にぎやかになりすぎて、一対一で会話をする雰囲気を作りにくくなってしまう

 

・男メンバー同士での連携が取れなくなり、ただうるさい、がやがやしただけの合コンになってしまう

 

など様々な合コン失敗パターンが予測されます。このような理由から人数は4対4までにとどめておくべきなのです。

 

3対3の方が4対4よりもお勧めな理由

最後に一番ベストな人数が4対4ではなくて、何故3対3なのかの理由について説明します。

 

4対4の場合でも上で申し上げた戦略をとることは十分可能ですので、楽しく、かつ今後に繋がる合コンを行うことが可能です。しかし人数が4対4の合コンは

 

2対2の会話が2グループ出来るという結果に終わってしまう

 

という問題が生じてしまうのです。どういうことか説明します。

 

合コンの席は以前申し上げた通り、交互に座るべきであり、実際にはこのような席配置になります。

 

A男  A子

B子  B男

C男  C子

D子  D男

 

この4人がそれぞれ、一対一の会話を心がける、つまりは誰も一人ぼっちになる状況を作らないようにするには

 

A男  A子

B子  B男

のグループと

C男  C子

D子  D男

 

に分かれる必要が出てきます。

 

席の端に座っているA男、D男は一対一で話せるチャンスがあるのは目の前、そして隣の2人しかいないのです。

 

例えば下記のような形で、一対一の会話になってしまった場合

A男  A子

B子  B男

C男  C子

D子  D男

A男はひとりぼっちになってしまいます。

 

このような事態を避ける為には4対4の会話から、2対2の会話に分けるべきなのです。

 

2対2の合コンも悪くないですし、多くなりすぎるよりは遥かにお勧めの人数です。しかし

連携をとる相手方との相性に頼らざるを得ない(3対3ならもう一人フォローが入る事になりますから比較的会話も失敗しにくいです。)

 

 

このような状態になるリスクを考えると、3対3が一番合コンにおいてバランスの取れた人数ということが言えるのです。

 

おさらい

・合コンは様々な戦略が必要

・戦略を一番問題なく使える人数は3対3

・4対4も悪くはないが、2対2の合コンが2つになる可能性を考えると、3対3の方が格段お勧め。

 

 

それでは引き続き頑張りましょう!

 

 

素人童貞を拗らせ、人生に絶望していた男の逆転劇!

辛い恋愛、強烈な劣等感から卒業し、
幸せな恋愛ライフを送る方法を無料でこっそりお伝えします。


  28歳まで素人童貞で、自己嫌悪と絶望感に包まれていたカウパー男爵。

今では恋愛活動を通して

・自分に自信を持ってやりたいように生きられる生活

・理想の女性と楽しく恋愛できる生活

・積極的にコミュニケーションをとって楽しい仲間と自由に生きる生活

を送れるようになりました。

28歳まで素人童貞で、不遇な日々を送った私でも、恋愛の勉強を通してここまで来ることが出来ました。

あなたに出来ないことは決してありません。

そこで、今までのカウパー男爵がどのようにして今の自分を作ったのか?を7日間のメルマガ講座として配信します。

1日目・出会いを増やす方法
2日目・必勝メール術
3日目・恋愛で一番大事な事
4日目・話す技術
5日目・聴く技術
6日目・男として見て貰う為のトーク術
7日目・クロージング術

「このままじゃ男として終われない!」

「一人きりの人生は嫌だ!」

  そう思うあなたに無料で「幸せになる為の恋愛メルマガ講座」を配信中です!

今無料メルマガに登録して頂いた方は

・理想の出会いを作る為の恋活アプリ作成ノウハウ(PDF55ページ)

・2時間で恋活アプリの人気会員になる方法(動画18:22にて説明)

・メールコミュニケーション力養成ノウハウ(動画21:55にて説明)

・ホテルクロージング術(動画20:42にて説明)

を特典としてプレゼントしています。(期間限定です)

通常人気会員で100いいね。

こんな状況も夢ではありません↓↓

(ピーク時は550いいねです。)



「女性との恋愛を楽しみたい」

「男としての自信を持ちたい」

「楽しく、幸せな人生を送りたい」

そんな方との出会いを楽しみにしています!

*メールアドレス
お名前(姓・名)